倉手山の登山コース

  小玉川では四方を見渡すと山々山ですが、ちゃんと登山道が整備されているのはこの倉手山しかありません。その登山道も以前は飯豊山荘登山口や長者原登山口から「たかばな」を経由するコースなどがありましたが、現在では廃道となっています。
  また倉手山は、玉川渓谷をはさんで飯豊連峰の前山となり、長者原からはその全貌を見ることができます。1,000メートルも満たない山ですが、登山口から急登が続き、頂上までは2時間ほどかかります。コース全長は1.9キロメートル。頂上は、雄大な飯豊連峰の絶好の展望台です。
 
[地図を拡大]


温身平のトレッキングコース

  温身平は磐梯朝日国立公園・飯豊連峰のふもとに位置する標高約450メートルの「ぶな」の森です。一体は典型的な日本海型気候区に属する全国屈指の豪雪地帯であり、最高積雪は4メートルを超えます。この豪雪が豊富な水をもたらし、「ぶな」や「みずなら」を中心とする原生的な森や「つきのわぐま」、「いぬわし」、「くまたか」などの希少動物を含む豊かな生態系を育んでいます。
  この貴重な自然を大切にするため、飯豊連峰一帯は森林生態系保護地域に指定されています。
  また、温身平周辺は玉川の最上流部に位置する水源地でもあることから、水源涵養保安林に指定されており、洪水や渇水の緩和、各種用水の確保に役立っています。
 
[地図を拡大]


樽口峠のトレッキングコース

  小玉川集落から樽口峠へとつながる、「ぶな」の森や「すぎ」林を通るコースです。樽口峠の周辺では、飯豊連峰を一望できます。
 
[地図を拡大]

 Back 

Awanoyu Spa
info@awanoyu.jp